2013年11月2日土曜日

gnome3 default calendar

gnome3のデフォルトカレンダーをgoogle calendar に変更する方法が記載されていたサイト がどうも調子悪い様子だったので自分のメモ。
まずはdesktop launcherを作成
最後の "NoDisplay" はアプリケーションの一覧としてアイコンを表示するかの設定。
このファイルを $HOME/.local/share/applications/google-calendar.desktop として保存。さらに を作成し、$HOME/.local/share/applications/default.list として保存。
すると、 [規定のアプリケーション]が google calendar に設定できる。デスクトップを再起動してgnome shell の時計のドロップダウンから「カレンダーを開く」を選択してgoogle calendar が開く事を確認できればOK。

2013年7月17日水曜日

multiple ip address

centos 6.4で複数IPアドレスをNICに適応させる手順で
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0
のようなファイルを作成してサービス再起動して完了といかず、ハマったので手順をメモ。

どうも service network restart の再起動では ifcfg-eth0:0 というファイル名を拾ってくれない感じ。コマンドから

# ifup eth0:0 を実行すればIPが適応できるので設定ファイル上の問題は無さそうということでさらに調べていると

/etc/NetworkManager/dispatcher.d/00-aliases というようなスクリプトを準備するのが正しそうだったので下記スクリプトを適応して無事、複数IPアドレスをNICに適応することができました。

2013年7月4日木曜日

firefox nightly on linux

firefox の nightlyを試そうとすると現在利用している自分のprofile が危険なのでlinux で共存させる際のメモ。
firefox の起動時にprofileを選択可能にするためのオプション -p を指定して解凍した firefox nightly のパスを下記の様に指定する。
その前にメニュー編集ツールをインストールしておく。
yum -y install alacarte 

最新版のfirefoxを適応するたびにメニュー編集したくないのでリンクを作成しておく。
firefox nightly をダウンロードして、/opt/firefox-nightly に解凍してシンボリックリンクを作成。
ln -s firefox latest

メニュー編集でfirefox nightly のパスを指定して、-p 及び -no-remote オプションも付けておく。


2013年3月1日金曜日

dropbox in fedora

dropbox からのメッセージがあり、/etc/sysctl.conf に以下の設定を追加。

いつも設定方法を忘れてググることになるのでメモとして残しておく。