2009年1月5日月曜日

WebDAVのlinux client

自宅サーバーのWebDAVに会社のWindows XPからはアクセスが問題なくできるのに
Linux(fedora10)からアクセスできなくなった…

なんでダメだったか今日分かった。
httpd のアクセスログで
"OPTIONS /DAVDIR HTTP/1.1" 301 294 "-" "gvfs/1.0.3"
となっており、301が正しく解釈出来ない様子。
なんだと調べてみるとこちらのブログを見て気がついた。

httpd.confの

#
# The following directive disables redirects on non-GET requests for
# a directory that does not include the trailing slash. This fixes a
# problem with Microsoft WebFolders which does not appropriately handle
# redirects for folders with DAV methods.
# Same deal with Apple's DAV filesystem and Gnome VFS support for DAV.
#
BrowserMatch "^gvfs/1.0.[0-9]{1}" redirect-carefully

こちらの部分に該当するgvfsを追記して(バージョン部分の正規表現はある程度緩めにしてみた)
再起動したらlinux(fedora10 gvfs-1.0.3-4.fc10.i386)からもアクセス出来ました。

ホントは設定上、https限定(SSLRequireSSL)にしたかったのだけど未対応みたい(オレオレ証明書だから?)
もともとIPtableで80ポートはオープンしていないのでま、いいかと妥協。

0 件のコメント: