2008年12月31日水曜日

subversion+webdavのselinux on fedora10

subversion関係をインストールしておく。
  • yum install subversion
  • yum install mod_dav_svn
selinux設定変更
デフォールトではhttpdからの書き込みは出来ないので可能になるように設定
他のboolean設定は下記のような感じ適度にgrepして確認できます。
  • semanage boolean -l | grep http (要root権限)
  • getsebool -a | grep http
該当するディレクトリにcontextを設定
  • chcon -t public_content_rw_t /var/www/html/webdav/ -R
このままではrestoreconを実施したときにシステムデフォールトの/var/www/htmlの
設定で更新されてしまうので恒久的な設定になるように
を設定。確認のため
で"Verified"になればOK.

システムローカルの設定は
  • /etc/selinux/targeted/contexts/files/file_contexts.local
に保管される。

selinuxが稼働しているか
  • getenforce
  • sestatus
などで確認し"Enforcing"でなければ
  • setenforce 1
を設定し直して完了。

0 件のコメント: