2008年7月27日日曜日

eclipse@fedora8

fedora8でeclipse(ganymede)を利用しているのですが、今日のfedora のセキュリティーアップデート
を行ってから「BugBuddy」が登場して起動出来なくなってしまった…

コマンドラインから起動すると、

eclipse: xcb_xlib.c:82: xcb_xlib_unlock: Assertion `c->xlib.lock' が失敗しました

ってことみたい。

でもBugBuddyのダイアログを表示させたままならeclipseを利用できるようなのでなんとか
なったけど、何のアップデート入ってたかなー。忘れた…

ウロウロしてたら
LIBXCB_ALLOW_SLOPPY_LOCK=1
を設定することで回避できることがわかりました。

0 件のコメント: